2008_04
30
(Wed)23:35

美術館へ行こう!(1)

岩手に遊びに行って来ました。
一番の目的は、岩手県立美術館で行なわれているミッフィー関連のイベントなんですけど、せっかくなので、前から行きたいと思っていた『宮沢賢治童話村』にも行って来ました。


ここは、宮沢賢治の物語をテーマにして色々な体験が楽しめるところなんです。

ゲートをくぐると・・・

イベントが出来るようになっているのか敷地が広いです。
写真には誰も写ってないですが、家族連れの子供達とか走って遊んでました。
建物に入らなければ、ここの広場は無料なので、お散歩とかピクニックとか出来そうで楽しそう。
奥に見える建物は「賢治の学校」という建物で、不思議体験が出来ます。

「のっぽになるゲート」を通過中。
奥に歩くにしたがって自分がのっぽになれちゃうんだよ(笑)
他には階段下りてるのに川の上流に登って行ってしまう道とかありました。
変な感覚なの~

建物の中へ突入しました。
入り口に「賢治の学校」ってプレートあったのですが、フクロウ付いてた。学校っぽいね、可愛い♪


写真は、ファンタジックホールというところです。

ここね、すごいよー。でもどんなかは教えない(笑)説明しきれないだけだけど。
他に、宇宙の部屋とか水の部屋とか色々物語りになぞらえたお部屋になってました。
銀河鉄道の夜とか好きなので、ドキドキして楽しかった。

外に出ると「賢治の教室」というログハウスの建物がありまして、こちらも探索。
その中で、一番私のテンションを上げたのは「石の部屋」というところ。
いーーーっぱい鉱物展示してあったの~ヾ(≧∇≦)ノ"
鉱物好きにはたまらんっすvv
変な人って言われても構わないわ。

鉱石の中でも一番大好きな「テレビ石」と、その次に好きな「方解石」が展示してありました!

その中でも一番キレイだったのがこちら
「孔雀石」初めて知りました。とてもキレイなの。
ずーっと眺めていたかった。ほぅ(うっとり)

賢治は鉱石を使った物語も書いているので、関連付けして展示してありました。
とても丁寧で親切だなって思いました。

他にも色々教室がありまして、部屋の床に動物の足跡があったり、部屋が真っ暗にならないと見えてこない展示物があったり、面白ワールドですよ。

たくさんのお部屋をみて外に出ると、汽車ぽっぽが走ってました。
その名も「銀河トレイン」

銀河鉄道の夜ですよー
ゆっくり走るので、歩くのと変わんないのがのんびりしていて和みます。

時間の都合で(ちょっと長居しすぎてしまいまして)乗れなかったので、写真をパチリ。
可愛らしい顔してます。

広場の隣に山野草園があって、のんびり歩いてたら、おたまじゃくし発見しました!

すごい、子供以来に久々におたまじゃくし見たよー。
気づけば、田んぼから離れて暮らすようになったからだな。
でも多すぎてコワイ

お昼ごはんは「ぴょんぴょん舎」の冷麺です。

定番かもしれないけど、宮城からはるばる来たので、噛み応えがあってとても美味しく感じました。
海鮮チヂミも、うまうまじゃー
関係ないけど、ここっていつもスイカあるのかしら?
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック