2011_12
30
(Fri)11:36

歩む


ヨチヨチと歩く。

震災の時、生後半年の息子をかかえての生活に悩むことも多かったけれど、たくさんの人に助けてもらい、はげましてもらい、なんとか年越しまでくることが出来ました。
両親や沢山の友人知人の安否を調べながら、生きなくちゃと、あんなに強く思ったことは他にはありませんが、もう二度とそんな思いをしたくありません。

あれから9ヶ月が過ぎ、息子は1歳3ヶ月を迎え、一人で歩み始めました。
いたずらもおしゃべりも出来ることが増え、嬉しいような困ったような毎日を過ごしています。

今、私の実家がある南三陸町へ向かっています。今年の年越しは、数年ぶりに私の実家で過ごすことにしました。
孫との初めての年越しで、震災で大変な思いをしている両親への少しでも癒しになるかと思って。
旦那さまは31日と1日が仕事なので、日帰りで帰り2日に迎えに来てくれる予定です。

そして今回の帰省は義両親も一緒です。
お見舞いに行ってなかったからと、一緒に行ってくれることになりましたが、変わり果てた町を見てショックを受けないといいのだけど。心配です。
南三陸町に帰るたびに現実に起きたことなんだって思い知らされるんですよね。

皆さま、今年もありがとうございました。
少し早いですが、よいお年を。
関連記事
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック