2011_03
28
(Mon)23:42

希望をもって

新聞に載っていた、アンパンマンの作者やなせたかしさんの詩
読んだあと、心の中にとまっていました。


絶望のとなりに 誰かがそっと腰かけた
絶望は となりのひとに聞いた
「あなたはいったい誰ですか」
となりのひとはほほえんだ
「私の名前は希望です」


地元に行くめどがたったので、避難生活を送る友達に必要な物や欲しい物がないか聞いたのです。
答えは、「笑顔がみたい」と言われました。
気仙沼の友達も大変なのに私の両親を心配して電話をくれました。
両親は私の友達を心配し自宅まで見に行ってくれた。

みんな被災して大変なのに、周りを思いあっている。
ありがとう。
私の隣には希望と優しさが溢れています。
今度は私が、希望をもって誰かの隣に腰かけよう。


関連記事
«  HOME  »
  福寿草

C.O.M.M.E.N.T

お久しぶりです

久々にblog拝見しました。
とても心温まりました。

みんなに会いたいよー 

2011/03/29 (Tue) 22:08 | のん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック