2010_02
26
(Fri)21:16

リスク

病院へ健診にいくと、必ず血圧と体重を量ります。
ここ2回くらい、上が135前後を表示してて血圧が高いと指摘され、量りなおしをしたりしてて。
でも、今まで血圧が高いなんて言われたことがなかったので、ふーんてしか思ってなくて、深く考えていなかったんです。

そう、深く考えてなかったの。

やっと手にした母子手帳。これと一緒に助成も受けれるようになっての最初の健診。
色んな検査を受ける回で、私が通っている産婦人科は母子手帳がもらえると次からは医師の健診と助産師健診のダブルで対応してて助産師健診は30分くらい時間とって対面で健診だけじゃなく色々な相談にも乗ってくれるというのが良くて選んだところでした。

今回の血圧は上が136、下が79。
助産師さんからも「ちょっと血圧上昇傾向ですね~でも、これから経過観察しながら頑張りましょうね」と説明されながら今後の相談をしていたら、看護師から「先生が診ますので一度コチラに。」といつもの検診室へ案内されました。
そうなんだーと思いながらエコーを見せてもらいウニウニと我が子の動く姿を感動しながら見ていると、先生からちゃちゃっと写真を手渡され「ハイ、赤ちゃんは順調ですよ、で、あなたね血圧高いからウチではもう対応できないから。リスクの高い妊婦は対応してないの。大学病院紹介するから、そっちで対応してもらってください。じゃ、待合室で待ってて。」

と・・・。

何がなんだか分からなくなって。
ふわふわしながら待合室に戻ってイスに座って、一生懸命頭の中整理しようとしたけど、理解できなくて。

10時半からの予約だったので、すったもんだして気づけば11時半を過ぎていました。
午前しか診療していないので、その時間はもう誰も他の妊婦さんはいなくて、一人でポツンとイスに座りながら、これからどうなるんだろうって、夜勤明けで帰ってきているであろう相方になんて報告したらいいんだろうとか、自分がリスクの高い妊娠をしていたのに血圧高いことをなんとも思ってなかったことを後悔したり・・・。
待合室のテレビでは、静かにオリンピックのフィギュアが中継されていました。
何も考えられなくて、ぼんやりテレビを眺めて待っていました。

看護師さんが来て、大学病院の予約が取れましたよと言いました。
私がぼんやりしているので、声をかけてくれたけど、ショックが大きくてきちんとお話が出来なかったです。
「大丈夫、大丈夫ですよ。ちゃんと元気に赤ちゃん生めますよ。」って肩ポンポンてしてくれて。
検査は出来ず、紹介状を渡されて帰宅となりました。
助産師さんと相談して、プレママ教室とか、マタニティヨガの予約取ってたのに行けなくなって残念です。楽しみにしてたのになぁ。

診察が終わって病院を出ても、手が震えて運転が出来なくてしばらく駐車場で嵐の歌を聴きながらボーッとしてました。帰宅したら笑って相方に報告する練習して、元気出して、別にダメになったわけじゃないしって。

大学病院での検査は来週。
それまでに自分の状況をきちんと把握しないと!
関連記事
カレー   
«  HOME  »
  ペコ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック