2009_12
20
(Sun)15:17

トイカメラ改造

トイカメラを改造しました。と言っても6月の話ですが・・・。
ウキウキ撮ってましたが、何を撮ってもイマイチピントが合わず、横に「人物」と「風景」の切り替えも付いてるには付いてるけど、撮った写真に違いが全くな~い。一体ドコに焦点当ててるんだ?って気になり始めた。もちろん、ぷち映像マニアの相方がね・・・。
ネットで調べたらVQ1005にそんな性能求めてはいけないということが判明し、もしピント合わせたければ、自己責任の下に自分で調整するしかないとご意見多数。
ご丁寧に改造方法を写真付きで載せているサイトも沢山あったりして、みんな同じコトで悩んでいたんだなと。
そして、相方のマニア心にポッと火が灯ってしまったわけでありんす。
490_20091220145711.jpg 691.jpg
「カメラを改造する」
実に魅力的な言葉です。
デジカメだと高価すぎて出来ないものね。撮れなくなっちゃったら困るし、でもトイカメラなら被害は少ない?
やってみたくなった彼は「俺に預けろ、まかせろ(ニヤリ)」と。
すぐに決断出来ず迷いました。だってさー探して探してやぁっと見つけたトイカメラなんだよ。壊れちゃったらどうするのさ!私にとっては大きな被害だわ。
けれど、言われれば気になるピントの甘さ。何を撮ってもボンヤリするわけで、それが調整できれば、撮りたいものがもっとキレイに撮れるわけで・・・。

観念して改造を依頼した(壊したら新しいの買ってやるという保障のもとに)
491.jpg 492_20091220145711.jpg
あっちゅーまにバラされた。うわあぁぁ~Σ(T▽T;)
493.jpg 496_20091220145710.jpg
ようは、レンズを回して調整するということらしい。
1ミリ以下の微妙なレンズ調整をして、カバーつけて元に戻して写真を撮ってパソコンにSDカード入れて写真データ確認してまたカメラバラして調整して・・・・永遠と繰り返すのです。ピント合うまで。
690.jpg 693.jpg
・・・見ているだけで厭きた。
しかも、どんだけやっても希望の位置にピントが合わないときたもんだ。
どうなんってんだVQ1005よ!って思っても、その程度の性能なんです。それを希望したんですもの。
あぁもうワカンナイ。
でも、相方は楽しそうに一日がかりで改造をしてました。
そして、納得はいかなかったようですが、なんとか出来上がりました。
プラスしてエコ電源にもしてもらった。なにせアメ車並の燃費の悪さなので、すぐに電池がなくなっちゃうから電池のところにつっかえ棒みたいなものを入れて無駄に浪費しないようにしてもらいました。

今までよりも前の方(1~2m)でピントが合うようにしてもらいました。
改造前は近くの撮るとこんな感じに写って↓
688.jpg

今は、こんな感じ↓
689.jpg
同じもの撮影してないので違いが伝わりにくいと思いますが、下の写真は靴にピントが合ってますでしょ?
しかも怪我の功名か(?)青味が強くなりました。改造成功です!と思います。
ちなみに、人物と風景のモードは改造してもほとんど違いが出なかったので切り替えは使わないことにしました。
それから半年経ちますが、いまだにどうすると撮りたいものが撮れるのかナゾが多いです。
ただ、撮りたいものが中央に収まるようになってきたし、毎回変化があって飽きずに楽しめる面白いオモチャです。
関連記事
«  HOME  »
  カード

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック