2006_10
15
(Sun)01:50

船の事故

書こうかどうしようか悩んだのですが、今思ったこと感じたことを残しておきたいので書くことにしました。
重いのでスルーして頂いてよいです。

女川で船の座礁事故がありましたね。
今だ全員が見つからずにいます。

私の父は、長い間マグロ船で船長をしていました。
出発すれば1年?2年洋上で生活します。
今回の船はサンマ船でした。
なので操業期間は短いのですが、海の上で仕事をする危険は同じです。
座礁した原因が今だつかめておらず色々言われテレビでも取り上げられていますが、私は怖くてニュースを見ることが出来ませんでした。
関係ないと思えないからです。
実際、友人の知り合いの方が不明のままだと言ってました。
その友人も父が船乗りだったので、今回の件のテレビでの扱いが小さいことを歯がゆく思うと言ってました。家族には情報がきちんと知らされてるんだろうか?と。見えないところで起こった事故は真実が中々見えてきません。
船頭の奥様がコメントで「一番最初に発見されて申し訳ない」とおっしゃってましたが、そんなことないと思います。でも、気持ちは分かります。
きっと同じ状況になったら、母も同じことを言うでしょうし、私もそう思ったでしょう。それに責任者である船長の父が船を残して脱出することは考えにくい、とすれば船と一緒に沈むと思います。
そんな考えが頭から離れず、とても悲しくなりました。
ナゼあの台風の中、女川まで行ってしまったのか、エンジンが止まってしまったのか不明な点は多いようですが、解明とともに早く乗組員の人たち全員が見つかって欲しい。
出来れば生きて、家族のもとに帰ってきて欲しい、そう願います。
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック