2010_10
04
(Mon)20:40

里帰り終了

里帰りを終え、帰宅しました。
もーねー、早く帰ってきたくて仕方が無かったので嬉しい限りです。
2週間しか居ないというと、周りの方からは「もっとゆっくりしてたらいいじゃない」と言われまくりましたが、私には長い長い果てしない2週間でした。

両親には色々助けてもらったけれど、その反面ストレスもあって・・・まぁ、私の里帰りしてからのブログが物語ってますでしょうけど。

「虫歯菌がうつるから、哺乳瓶に口つけて飲んで温度確かめるのと口にチューするのだけはしないで欲しい」とお願いしたのに鼻で笑われ無視して実行され、おっぱいが出てるのか不安だと言うと「そんなに大きいおっぱいして、空の入れ物か」と毎日のように言われ、あげく「お前の母さんはママハハだからおっぱい飲ませないんだよ~冷たいね~」と孫に話しかけたり(注:私は実母です。それに世の中のママハハさんの方が実母より優しいんじゃないかと自分の母を見て思う。)
「●●ちゃんは出来るのに、どうしてあんたは出来ないのよ」と比べられて、滞在の後半は息子ちゃんのお世話は辛くないけれど、母からの言葉がツラくて部屋に引きこもりがちでしたよ。

小さい頃から、母は私へのあたりがキツイ。
親戚や父が「あんまりだ」と言って仲裁に入るほどキツイことを言われ、兄弟や親戚や友達と比べられて育ちました。
母が思ったように育たなかったのが原因と何かで言われた記憶があるけど、しったことかーい。
高校生の頃は反発したけど、無駄だと分かって言い返さないようになった。だって時間が長くなるだけだから。

だから里帰りしたくなくて、ギリギリまで悩んだのですが背に腹はかえられず帰省することにしました。
言葉がキツイだけで洗濯やご飯は普通にしてくれるから助かるし、孫へはベタベタに甘くて可愛がってくれるから。

なので、相方が迎えに来てくれて荷物を積み込み終わったら、笑顔で車に乗り込んでしまいましたよ。
いつにもなくすばやい行動に相方がビックリしてた(笑)

両親二人で暮らしているので、騒がしい2週間だったことでしょう。
また二人に戻ったら寂しいだろうね。
「困ったことがあれば、すぐに行くから」と言われ「当分ないから、大丈夫」と答える冷たい娘でごめんなさい。

親や旦那の前で泣ける可愛らしさがあれば、私の人生ももう少し変わったんじゃないかと思う。
無駄なプライドと気の強さが、息子に遺伝してないといいんだけど。

2週間お世話になりました。感謝の気持ちは嘘ではないです、本当にありがとう。
スポンサーサイト