2005_08
17
(Wed)03:20

震度5強

11時46分、地震発生。
起きてはいたものの、暑くてうつらうつらと布団に転がっていた時に、ザワッと身体が反応した瞬間、グラグラ揺れ始めました。
大きな地震が来る直前てトトロみたいになりません?
慌ててテレビの電源を入れテレビとパソコンのモニター(どちらもブラウン管だから)を押さえました。結構長い時間揺れていたと思います。
雑貨や鏡が落ちて倒れて声にならない悲鳴を上げてました。
「頼むからNEWSのアルバムと嵐のグッズの上には落ちないで?」って・・・。
グッズの上にも大きめの鏡があったのよ。
揺れが収まり、座り込んだままテレビを見ました。ちょうどニュースの時間だったらしくアナウンサーが速報を伝えてました。
ホッとするまもなく母に電話する。
当たり前だけど繋がらない・・・。
どうしようと思った瞬間メールが届きました。
美月ちゃんからでした。
地震が起きて5分とたたずに私のことを気にかけてくれたコトに驚きと感謝が込み上げ、その時に始めて涙がでました。
地震に驚きすぎて冷静じゃなくなっていたのです。
世の中に自分のことを心配してくれる人がいるって、すごい幸せなコトだなって思いました。
美月ちゃんに返信してみて、今回メールが繋がることがわかったので、窓を開けて外を確認し(火事とか起きてないか)親や友達に安否確認のメールを送る。
そして部屋の確認。
グッズは無事だったものの(笑)鏡は倒れてるし部屋の中に小物が散乱。重ねていた雑誌やらも雪崩を起こしていて・・・途方にくれる。
台所にいくと調味料は倒れてるし、食器が落ちて割れてるし冷蔵庫の上に乗ってるレンジの足が一本空中におりました。落っこちなくて良かったよ。
トイレは揺れで水が漏れたのか壁や床に水たまりが広がっていました。
被害が2年前よりひどかったです。
テレビではずっと特別番組が放送され、津波が「警報」ではなく「来る」と案内され、新幹線も電車も高速も全部止まっていて、津波の被害を受ける地域に実家がある私は帰れないかもしれないと思いました。
そのまま不安で部屋から出られずにいたのですが、気付けば明日には帰ろうとしていたので食料が何もない。近所のスーパーにとりあえずの食料を買出しに行きました。
私、一人暮らしなのに災害用の準備何一つしてないんだわ・・・と2年前と同じ事思いつつ・・・ダメすぎる。もう少し真剣に考えなくちゃ。
スポンサーサイト



2005_08
17
(Wed)02:30

コンビニ

夜にアイスが食べたくなりコンビニに行きました。
そしてビックリ。
「今月いっぱいで閉店します」の文字が・・・。
そして片付けに入ってるので、ほとんど商品がない・・・。
家から1分位の便利なコンビニだったので悲しいです。
ちょっと歩けば他にもあるんだけど、別の店なんだもの?。
私はロー●ンが好きなのよ?セ●ンばっかりこんなにいらないよ?。
うわぁぁん。
驚きすぎて口開けたまま入り口に佇んでしまいましたよ。
夜中でも明るかったこのスペース。大通りへの抜け道だったのでヤンキーな兄さん達(生きた化石)の溜まり場でもあったから治安は良くなると思うけど、次に何が出来るのか心配です。
2005_08
17
(Wed)02:17

衣替え

夏物へ衣替えをしました。
遅いって?ああ、遅いさ!?
宮城の夏はお盆までさー。だから何!?(どうした)
暑いのとやる気のなさで、してなかったのね。
それに平日は制服着てるし、帰ってくれば部屋着だから困ってなかったんだもの。
少し洋服も処分したかったので、今回のテーマは「タンスにしまえる分だけ残して捨てる」
思い切って見ました。
母からも「事故とかにあって病院担ぎ込まれた時に、見られて恥かしくない下着を着なさい」(←すごい説得力あるよね?)と言われていたので、この際だからと整理する事にしました。
ザクザクです。「学生のときのじゃん(笑)・・・物持ち良すぎるぜ、私。」
などとのたまいながらゴミ袋に突っ込んでいく。
汗だくで意識朦朧としながらだったので、まだ着れるものとかも捨ててました。
でも、タンスにも入りきらないので処分に決定。
こうでもしないと捨てられない。
おかげで服が重なってる光景はなくなりました。
どこまでこの状態を維持出来るかは謎です。
つかね、タンスが小さいんだよ。入りきらねぇよ(涙)

ちなみに、うちの弟はツワモノです。
弟の部屋に遊びに行った時に、あまりにもさっぱりしてるので聞いてみたら、一着買うと一着処分するので服は増えないとのこと。浮いた小遣いで飲みたいんだって(爆)
驚きました。着れるまで着て、着れなくなったら新しいの買う方式なんだって、男だから出来るって気がした。女性にゃ無理だよ。んなの。

『義経』
つばっちステキでした。するどい眼光にドキドキしてました。
那須与一って名前かと思っていたけど、那須出身の与一さんだったんだと初めて知った(爆)
しかし・・・長い。色んな場面が、放送事故かと思うくらい、今回与一が弓射るまでこんなに時間必要かしら?って思ったよ。長めにつばっち観れたからいいけどさ。
でも他の大河の時って、時間の流れが、すんごい早かったのでちょっと驚いているのですが、これってやっぱり義経の生涯が短いからだろうか?
ドラマも折り返して後半に入り残り回数そんなにあるわけじゃないので、かえって間に合うのかしら?って思うところもあるのですが・・・ムズイネ大河。
後半、義経をかばい撃たれてしまった継信の最後は、私も号泣しながら見届けました。格好いいよ継信。そして「ずっと私の側にいろ」という義経の言葉が沁みました。私も言って欲しい(そっちかい)