2005_01
05
(Wed)22:12

混雑と迷子。つづき

駅から外に出て、母が「息子が、ちゃんと新幹線に乗ったかどうか確認したい」というので(迷子になんかなるかいな)寒空の中ケータイをいじり始めた。私はボンヤリしながら別棟にある土産物屋の前を2歳くらいの女の子が店の前を一人でウロウロしているのを見ていた。
しばらくして急にその女の子が大声で「ママ?!!」と泣き始めた。
やっぱり迷子だったか・・・。
私がその子を発見して10分以上たってますけど親御さんはいずこに?
周りに人はおりますが親御さんらしき人が見当たらないらしい。
女の子は泣き続ける。
電話の終わった、うちの母が近づいて話し掛けてみたが泣き喚くだけで話になりません(当たり前だけど)私の手も払われたし(自分の身を守る方法としては正しい選択だ)
すると近くにいたおじさんから「さっき店の中から男の人にくっついて出てきたんだよ。その人は一人で車に乗っていったからパパと間違えたんだな。ママはきっと店の中だよ。」と教えてくれた。
おっさんそこまで詳しいなら何とかしてくれよ・・・。
とりあえず、女の子に「ママは店の中にいるらしい。一緒に行こう。」と話し掛け背中を押して歩かせる。
歩き始めてすぐ、店の中から血相を変えた母親が飛び出してきた。
するとわらわらと家族らしい人影がいっぱい出てきた。
爺・婆・父・母・兄(5歳位)総勢5人。誰か気付いてやれ!?
感動の再会を果たし、また店へと戻っていく親子6人。プラス3人のおばちゃん。
え?おばちゃん?って誰!?
そう、私達母子の前におばちゃん3人がシャシャッっと登場したのです。
そして、しきりにお礼を言うママへ「あら?いいのよ。気にしないで?」と口々に言うおばちゃん達。
どっから登場したんだおばちゃん・・・。つか、あんた達何もしてないさ?
びっくりする母と私を残し、総勢9人となって店へと消えていった。
ヒュルリラ?・・・雪国の冬は、まだ始まったばかりです(遠)
スポンサーサイト
2005_01
05
(Wed)22:11

混雑と迷子

弟が、本日東京へ帰りました。
ほんとは私も一緒に帰る予定でしたが、面倒くさくなり帰宅した日にお断りを入れました。
気付くと弟は、今回駅を出てから私の家の敷地と実家の敷地以外、外にまったく出てなかった。初売りには縁のない家族なので、なおさらです。

新幹線の駅についてみると、思っていたより雪は溶けてて歩きやすかったけれど、すんごい人にびっくり。みんな今日帰るんだねー。
乗ろうと思っていた電車よりも30分早い、「臨時が後10分で来ますよ。」と駅員の方に教えられ急いでお土産を買う。
改札を通ったのは発車2分前。そのまま、飛び乗るように弟は帰っていった。
慌しいことよ。
2005_01
05
(Wed)21:00

箱根

本日もテレビっ子です。
お年始もないし、出かけられないし(一度坂降りたら、もう登れないから)ゴロゴロゴロ?と寝正月。

箱根駅伝。
毎年ドラマがありますね!
今年もドラマがありました(涙)何かをガンバル姿は素敵です。

夜に家族三人で韓流モードに入る。
「遠い路」
家族愛が良かったです。なかなか集中しにくい内容でしたが、中盤に入り泣きモードでした。
しかし、なんで放送がこんな夜中なんだろう。
みんな、夜中ばかりで眠い目こすって観てるのが辛い。
韓国ドラマはいつも夜中の放送ばかりだ。眠くて諦めることが多いこのごろ。
2005_01
05
(Wed)20:47

年明けて

午後起床。
何もすることがないですよ。

なくなったのは父の叔母で、92歳の大往生でした。急に雪降って寒くなったからねぇ。
しかし葬式が、和尚から「うちは正月をするから、8日に葬式をします。」
と告げられたそうで、一週間通夜だとか・・・。
日にちが日にちなので、お通夜断った家もあったらしく(出来るのかしら、そんなこと?)
2年続けて喪中とは、いやはや・・・。
人の生き死にだけは人間が決められるものではないですから仕方ないのですが、正月の準備を全部整えた母がちょっと気の毒でした。

夜に弟と「WASABI」を観る。
これで、ワサビなんだ?と分かったのですが・・・タイトルに持ってくるほどのものではないのでは?とは私達姉弟の意見ですが。
内容はそれなりに面白かったです。でもお金出して観てたら、ちょっと微妙カナ(爆)
2005_01
05
(Wed)20:33

帰宅(字幕スーパーは、ない)

私が寝て何時間かした後、弟の携帯が鳴って起床。
母からだった。
母:どこさいだの?まだねったんだすぺ
そのとおりでございます・・・。私はちゃんと寝てないのよ(涙)←母の知ったことではない
母:ゆぎふってんだがら、はやぐけってこや
母さん、分けわかんないくらい訛ってるわ・・・。通夜で訛りが移ってきたのかしら?

時計を見て午後1時。外は雪国。やばいですよ、道路が凍っちゃいますわよ。慌てて支度をする。
なんとか2時出発。外は真っ白銀世界。当然、渋滞しちゃってる。
時速20キロをキープしながらの帰宅です。ペーパーな弟には運転をさせられずオシリフリフリしながら、途中ガラスが凍っちゃったりしながら(弟は凍ってるって言ってたけど、私には変な液体がついて広がったように見えました)
最後の難関、自宅近くの坂へ突入。ここはファミリーゲレンデよりもきつい坂でして毎年登れなくなったり脇の山に突っ込む車がでます。私のデミコはもうすぐ6年目を迎えるので、登るかどうか微妙。しかも弟積んでるし(おい)ここは一気にアクセルを踏んでもいけない。静かに、しかし確実にアクセルを踏み込んでいく。
行けーデミコよー!!私の声が車内に響く。←弟が迷惑そうに私を見た
なんとか途中で止まることなく登りきり、実家に帰宅する。
到着は午後6時。初めて4時間もかかったさ。
・・・パトラッシュ、僕はほんとにほんとーに疲れたよ(再び)

家でぐったりしながら、レコ大と紅白を2画面で観る。
歌手や歌が多すぎて、パッとしないっすねー。
そんなこんなで、定時になる。
そう、ジャニーズのカウコン♪毎年年越しはこの番組じゃないとね。
と母を騙してリモコンを奪う。
出場グループが多すぎて、嵐がまったく目立たない・・・。
いつものことだけどさ。控えめすぎるのよ、嵐メン!もっとがんばれ!(爆)

いつもなら、この番組を見た後、お参りに近所の神社へ行くのですが、喪中だし外は雪国だしってんで、おとなしく就寝。